スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:パワープレイ

gioco del mondoさんの紹介(ファントム・オブ・ジ・アイス)を見て以来、長い間欲しいと思っていた「パワープレイ」をようやく囲い込むことができた。
アイスホッケーは全然詳しくないんだけど、柔道部だったためか5対5のチーム戦というシチュエーションに燃えてしまう!
まだ3人プレイしかしたことがないが、もっと大人数でシリーズ感を楽しめるとさらに燃えそう。

IMG_2699.jpg
Amigoカードゲームサイズ。
前述したとおりアイスホッケーをテーマにしたゲームだけど、キャラクターはネタものというか、パッケージどおりハチャメチャな感じ。

IMG_2701.jpg
各プレイヤーはランダムで手札を受け取り、初期のチームを構成する。
チームのメンバーはオフェンス3人、ディフェンス2人、キーパー1人で、計6人。
つまり、手札は計6枚持つことになる。
カードには選手の能力が数字で書かれている。たまに★のマークがついた特殊能力つきの奴も。

IMG_2703.jpg
残りのカードはポジションごとにストックコーナーに山札になる。
ゲーム中に自チームのメンバーを補充、交換するときはこれらの山札の必要なポジションから1枚取り、新たなチームメンバーとするのだ。
つまり、この山札は選手の人材マーケットということになるだろうか。

手番では3つの行動から1つを選択する。
?ドラフトを行なう。
?他プレイヤーとトレードをする。
?試合を申し込む。

ドラフトを行なうというのは、前述したとおり山札とカードを交換すると言うこと。手札から1枚出して、同じポジションのカードを1枚得るという感じ。
裏向きの山札だから良い選手がくる保障は一切なしだ。

他プレイヤーとのトレードとは、まず他プレイヤーの手札から1枚引いて、その後同じポジションの選手を選んで1枚渡すというもの。
ドラフトに似ているが、ポジションを選べない分、他プレイヤーも巻き込むのでよりドラスティックな動きと言える。

IMG_2704.jpg
3番目の選択肢“試合を申し込む”はこのゲームの華。
このときのためにより強いチームを作っているのだ。(当たり前か。)

手番のプレイヤーと試合相手に指名されたプレイヤーは、自分の手札を1枚ずつ出して、それぞれの数字の大きさで勝負を行なっていく。(似たトランプゲームがありましたね。)
ただし、片方がキーパーだった場合はノーコンテスト。両方がキーパーなら通常通り数字で勝負。

この数字勝負での勝利毎に1点が入ったことになり、6枚終わった次点で点数の多い方が試合に勝ったことになる。
もし同点だった場合は、延長戦でゴールデンゴール形式になる。熱いね!

この試合での勝利を規定回数クリアしたらゲーム終了、というか優勝だ。
ただこのゲーム、強いチームを作って勝ち続けることが中々難しい。試合で強選手がいると見ると、いっせいにトレード攻撃にあうから^^
う?ん。逆ババ抜き感覚。

あと、中々侮れないのがこれ。
IMG_2705.jpg
乱暴者。(赤枠数字反転)
試合でこいつとぶつかった選手は即チーム離脱なのだ。
手塩にかけたチームに穴が開いていくのが悔しい。

また、実はこれらの選手はもともとのチームがあるらしく、ユニフォームがおそろいだったりする。カードの上にはチームのロゴらしきものも。
今度はこのチーム毎に分けて試合だけやってみようかな。

【所感】
団体戦好きは燃えると思います。
運に左右されているゲームだと思うのですが、チームを持っている感覚からか、微妙に監督責任を感じるのが不思議です。実際、私は弱いみたいです^^
| trackback:0 | commnet:12 | BACK TO TOP |

コメント

こんにちわ、へべれけです
おおっこれが「スラップショット」のリメイクですね!

僕が当時遊んで一番感心したのは、得点の入り方が2-3とか4-1とか、いかにもアイスホッケーらしいスコアになるところでした

それと必ず相手をケガさせる「ブルーザー」のカードもいいスパイスですね

僕が遊んでいたときは、自分の手札(ディック)をシャフルして、1枚づつめくって勝負していくというトランプでいうところの「戦争」方式でした。バリエーションかハウスルールだったのかも知れませんが、そのあたりのプレイのスピード感もまたアイスホッケーらしくて面白かったです
2008/11/18(火) 10:27:06 | URL | へべれけ #-[ 編集]
へべれけさん こんにちわ
あれ!「戦争」方式だったんですか。
ひょっとしたらこっちもそうなのかなぁ。ちょっと帰ったら確認してみます^^;
壊し屋はブルーザーって言うんですね。勉強になります。
2008/11/18(火) 12:39:15 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
私もファントムオブジアイスは遊んだ事あります。
戦争方式でしたよー。
でも選べた方が面白いという意見も多く出てました^^
2008/11/18(火) 21:19:07 | URL | ふくち #-[ 編集]
あれあれ。
手元の和文ルールにはそこんとこ詳しく書いてなかったです。
原文ドイツ語だしなぁ。

よし!戦争方式ってことで!
今度みんなでやりましょー!
2008/11/18(火) 21:50:49 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
ココ読んでふと思い出しました。スラップショットはそういや戦争方式でやってたかも。スラップショットはいずれ手に入る事になってますので、また確認してみます。
ファントムオブジアイスのルールでは、選んで出す事になっていますね。
パワープレイはファントムオブジアイスのもろリメイクなんで、おそらく選んで出すんやと思います。
戦争方式の方が時間が短くすむのはいいですね。

多人数でやる時は、試合は、全員を指命するまで同じ人としてはいけないというルールにしないと、ぼこぼこにされますので採用をお勧めします。パワープレイの時はそのルールが削られて、さみしい思いをしましたw
2008/11/19(水) 08:34:23 | URL | akio #wr80fq92[ 編集]
akioさん 情報ありがとうございます。
選択方式も戦争方式もおもしろそうなんでまぜこぜで遊べそうですね。

でも確かに!さびしい思いをしかねない&すねるくらいボコボコにされかねないゲームです!
2008/11/19(水) 12:59:33 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
スラップショット懐かしいですね。
ブルーザー最強の赤い十字架(名前忘れました)をTinyTim(こっちの名前は一生忘れないかも)で逆病院送りにしたときの快感は忘れられません。
2008/11/19(水) 17:02:52 | URL | GTO246 #JalddpaA[ 編集]
皆さんスラップショット時代にけっこうやられてるんですねぇ。
あの頃と特殊カードの能力とかってかわってるんでしょうか?
2008/11/20(木) 00:12:08 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
「特殊カード」というものは無かったような。
一応、「誰が相手でも点を取る、強さが★のSuper Star」「対戦相手が自分より低かったら病院送りにするブルーザー系」「誰が相手でも病院送りにするけどTiny Timには負けるLa Goon(前に書いた最強の人。こんな名前だと思った)」「強さが1/2のフォワードTiny Tim」と、何人かの特別のキャラがいるだけで、チーム分けとか特殊カードとかは無かったと思います。
何せ20年以上前のゲームを記憶だけで書いているので間違いがあればご勘弁下さい。
2008/11/20(木) 16:09:22 | URL | GTO246 #JalddpaA[ 編集]
情報ありがとうございます。
それですそれ。その能力です。
効果はちょっと変わってるみたいですねぇ。
2008/11/20(木) 23:08:06 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
ブルーザーは相手の能力に関係なく病院送りにします。例え得点を入れられても病院送りですね。
TinyTimはブルーザーと当たった場合、La Goonに限らずブルーザーを反則で捨て札にさせたんじゃなかったかな?
ちなみにLa Goonは十字架になってますが、0と同じでブルーザー以外の特殊能力はなかったはずです。
つうわけで特殊能力があるのはTinyTimとスーパースターだけなんでファントムオブジアイスやパワープレイでは格段に増えています。
2008/11/20(木) 23:37:57 | URL | akio #wr80fq92[ 編集]
なるほどなるほど。
じゃあ「ファントム・オブ・ジ・アイス」の時にチェンジーしたわけですね。
名前は「ファントム~」が一番好みだなぁ^^
2008/11/21(金) 00:39:36 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。