スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:エヌーク

イヌイットをテーマにしたゲームって結構多い。
ぱっと思いつくだけでも「カヤナック」「イグルー」「マーレ・ポラーレ」などなど。
子供向けとしてはお馴染みのシチュエーションと言えるだろう。
今回の「エヌーク」も子供向けのメモリーゲームだ。

IMG_3082.jpg
四角くてわりと嵩張る箱に入っている。
しかもQueenGames製。ついに子供向けのシリーズを開始したらしい。
このメーカーはとにかく嵩張ることにこだわりを持ってるなぁ。

IMG_3074.jpg
基本は神経衰弱のようなメモリーゲームなので、沢山のタイルを裏返して散らしておく。中央のボードはゲームの進行と最後のアクションのためにあるのだけど、イラストがカワイイ。しかしやや大きめなのがたまにきずだ。

IMG_3081.jpg
神経衰弱と言っても同じ絵柄をあわせるのではなく、基本的にめくり放題。
ただし動物タイル同士で食物連鎖が発生してしまうとストップがかかるというルールなので、バースト系の要素が大きい。
ただしバーストしても食物連鎖の対象外だったタイルは受け取れるので、リスクによるプレッシャーは低めになっている。
食べられたタイルも無くなるわけではなく、その場で裏向きに。つまり記憶しておけってこと。

IMG_3075.jpg
タイルをめくっているとたまにイグルータイルが出てくる。
これをめくったら自分の駒と一緒にボードの上へ。
手番はそこで終わってしまうものの、この駒がゲームの最後にチャンスになる。

IMG_3077.jpg
トナカイが出たら時間が進み、ボード上の太陽駒を右にずらす。
この辺のちょっとした木製駒がかわいい感じだ。

IMG_3080.jpg
太陽が一番右まで行ったらお家に帰らなければならない時間。
しかしイヌイットの子供たちは最後の一踏ん張りを見せる。
ボード上のイグルータイルに派遣していた駒1つにつき、まだ残っているタイルの名前を当てることでタイルを次々と確保していくことができるのだ。
ただし間違えたらそれまで。

これが結構な逆転要素になるかと思ったら、一度めくられたタイルはほとんどの場合その直後に取られてしまっているので、残っているタイルは全然わからない。
1枚取れればまぁまぁという寂しさで、わざわざ用意したわりにおもしろく機能しているとは言いがたい微妙なルールであった。

【所感】
タイルが円形だったらもっと良かったような気もしますが、木製のイヌイットと太陽など、なかなかカワイイ仕上がりです。
ゲームとしては神経衰弱+バースト系という感じで特に目新しいところはないかなぁ。大人同士ではやや淡々とした進行になりがち。
食物連鎖を学ぶという意味ではキッズゲームとしての意味がありそう。
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

コメント

せっかくいい調子でめくっているところへ
食物連鎖で食べされると凹みます(笑
2009/02/10(火) 02:06:32 | URL | ふうか #3fIBvpkA[ 編集]
こんばんわ。このゲームと同時に発表された子供用ゲームも気になっています。
2009/02/10(火) 23:47:47 | URL | 十口公樹 #-[ 編集]
>ふうかさん
食べるものがないニシンがいいですよね^^

>十口公樹さん
いのししかなんかのやつですよね。
次のメビウス便に期待です。
2009/02/11(水) 00:47:12 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。