スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

アクロス・ザ・ユニバース

有史以来、いったいどれだけのミュージシャンや映画人がビートルズのふんどしで相撲をとってきたことだろう。
もっとも最近で言えばシルク・ドゥ・ソレイユの「LOVE」が記憶に新しい。
「LOVE」はビートルズの収録済み音源から再編集したコンピレーションで、海長は舞台こそ行けなかったが一応サントラはチェックした。マーティン親子が威厳をかけただけのことはある。

ビートルズというのはレコファンであればそれこそ曲順から細かな音に至るまで頭に焼き付いているし、レコファンでなくてもソラで全200曲超を頭で奏でられる人は五万といる。
カバー曲なんか腐るほど聴くわけで、正直もう耳を塞ぎたいという人も沢山いるはず。

今回の「アクロス・ザ・ユニバース」は残念ながらカバー曲の塊である。原曲は一切使っていない。ただし、幸いなことにミュージカルだ。いかにも英国の若者らしい出来上がり。
アクロス・ザ・ユニバース デラックス・コレクターズ・エディションアクロス・ザ・ユニバース デラックス・コレクターズ・エディション
(2008/12/19)
ジム・スタージェスエヴァン・レイチェル・ウッド

商品詳細を見る

登場人物はことごとく曲中からの引用。エピソードのパロディ。台詞まで合わせてくるという懲りっぷりで、正直少々くどい。ビートルズ愛してるのはわかったよ、だいたい皆同じだって。中盤以降はもう苦笑。なにもマックスにトンカチ持たせるこたないだろ。

しかしだ。意外にも中身はけっこう良くできてるのよ。
おもしろいじゃないですか。マックス入隊のくだりなんて最高じゃない。ここは曲を巧く使いましたな。
いやそれ以外もまぁまぁ観れたもんで、懐疑的だった海長も後半は心を開いた。
っていうか後半に行くほど尻上がりに完成度が高くなってないか?しっかりアイデアを揉んでる。

出演者も中々いいのを揃えている。
主人公の彼は「ブーリン家の姉妹」でジョージ役だった人だね。「ラスベガスをやっつけろ」もそうだったか。めちゃんこモテそうだなぁ。
エヴァン・レイチェル・ウッドは確かに可愛いなぁ。
こりゃ「レスラー」が楽しみだ。
ついでにジミヘンも良くできてる(笑
ジャニスは良くできてない(笑

誰もが知ってるビートルズだから勇気がいるよね!
と、観終わったあとは加勢している自分がいる。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。