スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ケルトタイル

なんとも悩ましいシステムがウリの「ケルト」。
もともとシンプルな仕組みだけに、その簡易版ともいうべき「ケルトタイル」でも十分その面白さが味わえる。

IMG_3496.jpg
ラベンスやHABAの小箱と同じくらいのサイズに、タイルがぎっしり。
相変わらずデザインはクールだ。

中のタイルを裏返しにして山積みにしたら、ゲーム開始。
IMG_3498.jpg
タイルの石ころっぷりは見事。
手番になったらタイルを1枚とって、それを自分の前に並べるか、表のまま山に戻す。

自分の前に置く場合は、数字が昇順か降順にならなければならない点は「ケルト」と一緒。
ただし取らなかったタイルが即座に横取り可能な捨て札扱いになるところが大変。
他者と自分の損得を考えて・・・・・強烈な悩ましさだ。

IMG_3499.jpg
本編と同じように“願いの石”もある。
もちろん今回もある程度集めないと減点対象になってしまう。
それ以外にも手番を続けてできる“クローバー”や、書かれた数字が得点になるタイルもある。

IMG_3501.jpg
全てのタイルが表向きになったら得点計算。
「ケルト」と同じように一定以上の数になった色が得点になり、そうじゃなきゃ減点。
得点計算は左にある得点早見表でさくっと。
これが人数分あるともっとよかったんだけどなぁ。

【所感】★★★★★★★☆☆☆(7/10)
小さくて運びやすく、それでいて「ケルト」感を失っていません。
ケルトの悩ましさがそのまま、というかむしろ利害が見えやすくなってより厳しく!
手軽なので本編よりこれの出番が多くなってしまいそうな良品です。

【このゲームが買えるお店  05/2009】
●高円寺すごろくや
●メビウスゲームズ
●プレイスペース広島
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。