スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ストリートキング★★★☆☆

作家が「L.Aコンフィデンシャル」のジェームズエルロイと聞いては観ずにおられぬ。
キアヌ・リーヴス主演の「フェイク・シティ」というか、「ストリートキング」。
原題と邦題変わってるので注意。ってか適当に変えんなよって感じだが。
以下、ネタバレます。すんません。

フェイク シティ ある男のルール<特別編>  [DVD]フェイク シティ ある男のルール<特別編> [DVD]
(2009/06/05)
キアヌ・リーブスフォレスト・ウィテカー

商品詳細を見る

うん。L.Aコンフィデンシャルだな。懐かしい。
時代も雰囲気も違うけど「L.Aコンフィデンシャルのポピュラー版」という印象。
深みは無いけど俄然わかりやすくなっとる。

キアヌが演じるのは血生臭い仕事が専門のラドロー刑事。
かなり頑張って泥臭い男を演じているものの、ラッセルと比べるとダーティーなオーラがちょいと見劣りする。とは言え前述の通りポピュラー向けの仕上がりなので違和感まではないかな。

フォレスト・ウィッテカーは良い演技。演者が微妙なこの映画を土俵際で支えているのは彼だ。
脚本エルロイを意識すると黒幕丸出しだけど。

ガンファイトシーンはなかなかの迫力。泥臭くてよかったと思う。
監督は「SWAT」のデヴィッド・エアーなのでその辺は期待通り。
作品全体を通して目新しいところはないけど、テンポ良くスリリングな状況が続くのでそこそこ楽しめる。
「L.Aコンフィデンシャル」と同じ作家であることは知らないで観た方が楽しめるかなぁ。
キアヌのファンならまったく問題無しでしょう。
★3つ。

もうちょっと知的な方向に話を転ばせればすごく面白くなったかもしれないけど、それをあえてしなかったのがこの映画の狙い?かも。
リアル路線のバイオレンスにしちゃあキアヌ起用が疑問だが。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。