紹介:クマのブルム一家

当ページでは初登場になるが、ハバ吉はその名のとおりHABA社の大ファンである。
今日はハバ吉に「クマのブルム一家」を遊ばせてもらった。

200711302241000.jpg

ハバ社のちっこい箱シリーズ。
箱は絵本のようにかわいくできている。イラストは逸品だ。

"3匹のクマ"という本を原作としているらしい。
森に迷った女の子が、留守にしているクマの家に入って、クマのご飯を食べて寝ちゃうというような話。
正確にこそ知らないが、だれでも聞いたことある話だとおもう。
ということで、女の子が散らかした食器をお片づけするのがこのゲームのテーマだ。

200711302242000.jpg

テーブルを囲む大・中・小のクマ。パパ、ママ、息子ということだろう。
テーブルには散らかった食器タイルが裏向で置いてある。
食器タイルの裏はナプキンになっている。

クマ達はテーブルをぐるぐる回りながら目の前のナプキンをめくり、そのクマのサイズと同じだったら食器を取ることができる。
プレイヤー自身はどのクマを動かしてもよく、
?同じ大きさのフォーク・ナイフ・皿を揃える
?とにかく食器を5つ集める
のどちらかを満たせば勝ちになる。

200711302247000.jpg

勝負は海長の圧倒的勝利。ちびっこの食器セットを揃えた。
2回戦も行ったがこれも海長の圧勝であった。
海長の瞬間記憶力は中々のものなのだ。

このゲームはとてもシンプルで、5分もあれば終わる。
ただ、自分の欲しい食器、その位置、その種類、相手の欲しい食器、など一応考えることのできるゲームである。
偉いね。HABAは。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する