スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ギャラクシートラッカー

風変わりでエキサイティングなSF系ボードゲーム「ギャラクシー・トラッカー」。
パズルなのかマネジメントなのか、よくわからないゲーム性がウリ。
一種の(難しい)パーティゲームとしても遊るため非常に人気があり、チェコにある発売元もいまや注目のゲームメーカーだ。

IMG_3661.jpg
中々の箱デザイン。
テーマは名前のとおり、「銀河の運送屋さん」。
プレイヤーは雇われ運ちゃんとなり、なるたけ沢山の資材を目的地に運ぶように努力するのだ。

ゲームは大きく分けて2つのフェイズに分かれている。
1つ目は宇宙船を作るフェイズ。
2つ目は目的地まで運行するフェイズ。

それではまず宇宙船の作り方から見ていこう。
IMG_3662.jpg
宇宙船はパーツを組み合わせることで作っていく。
テーブルの中央にパーツを裏返しておき、各々好きなパーツを探し、自分の宇宙船ボードに置いていくことで完成を目指す。

宇宙船のパーツは接続部分が合っていないと組み合わせることができない。さらにパーツによっては決まった置き方にしないと効果を発揮しないものもあるので、けっこう難儀。
パーツは早い者勝ちのスピード勝負。間違ったおき方をしない程度に急いで作ることが肝心だ。

IMG_3663.jpg
宇宙船が完成したら乗組員やエネルギーを設置。
乗組員が運行中に居なくなるとリタイアなので、乗組員ポッドは多めがいいだろう。エネルギーは高火力なパーツを使用するときに消費する。
乗組員駒が微妙にかわいい。

出航の準備が整ったら運行フェイズへ移行だ。
IMG_3666.jpg
一度宇宙へ旅立ったら最後、あとは運と判断の世界に突入する。
毎ターン山札から引かれるイベントに対して、各プレイヤーが判断して対処していく。
イベントはお宝を手に入れるものや、海賊船・隕石のような宇宙船に迫る危険などである。
キャプテンであるプレイヤーは、お宝を取るために乗組員を派遣したり、キャノン砲で隕石を打ち落としたりといった対処が必要になる。

無事に目的地まで到達し、かつ道中のお宝をもらさず持ち帰るのは実際難しい。
宇宙船の作成段階で倉庫、キャノン、エンジンなどそれぞれを充分積んでいない
といけないからだ。

目的地についたらラウンドの利益を計算する。
破損したパーツについてはお金を払わなくてはいけないし、余分に持ち帰ったお宝はもちろんお金になる。
難易度や船の大きさがことなる3つのラウンドをこなし、最もお金持ちだったプレイヤーが勝者である。

ただし・・・
ガツガツ勝利を目指すというよりは、「“出来損ないの自家製宇宙船”がボロボロになっていく姿を、愛を持って見守るゲーム」といえるだろう。

【所感】★★★★★★★★☆☆(8/10)
宇宙船を組み立てるところである程度展開が決まるので、ガチャガチャ作った後“オレの宇宙船ってサイコーだろ!”っていうのりのゲームです。
パーツの組み立て方にはコツがあり、得意不得意が発生するかも。
ちょっとルールが多いかな?と思うのでバカゲーちっくですがある程度のゲーム慣れは必要な気がします。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。