スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:マクレガー

オバケゲームといえば「おばけ階段」「ミッドナイトパーティー」などなど、ファミリーで遊べるライトな傑作が揃っている。「マクレガー」もシンプルなルールで遊びやすいタイトルだ。

IMG_3733.jpg
ラベンスバーガーの横Lサイズ。
かわいいイラストが多いオバケゲームの中では、わりにリアルテイスト。
遊べる人数が4人までということでワイワイ系なのにちょっと少なめかも。

ちなみにこのゲームはコンポーネントが良く出来ていて、駒が蛍光で暗所で光るようになっている。
さすがに真っ暗の中では遊べないので意味があるとはいえないけど。

IMG_3726.jpg
1人はオバケ役となってオバケシートを被る。(駒に被るようになっている!!)
残りのプレイヤーはお城から脱出することが目的。

ゲーム中1人がオバケ役をずっとやるのではなく、捕まったらオバケシートを渡してオバケ交代。
つまり鬼ごっこのようなルール。
3つある脱出扉から先に外へ出たプレイヤーが勝利だ。

IMG_3731.jpg
逃げるプレイヤーは手札から鍵カードを出して進む。
鍵の色と対応した扉を進むことができる。

カードは手番を休むか、山札の裏と同じマークの部屋で手番を終えれば1枚補充できる。
手札は4枚までしかもてないし、カードを補充するのが非常に大変なため、すんなり逃げることはまず不可能。
捕まったり捕まえたりしながら徐々にゴールを目指す。

IMG_3728.jpg
オバケのプレイヤーは逃げる側が動く前に移動ルートを設定。
ターンの最後に最高4マスまで一気に動く。

オバケが逃げているプレイヤーを捕まえると、その場でオバケシートを外して逃げ側に回ることができるが、手札は捕まったプレイヤーのものを引き継ぐ。逃げ側の手札枚数も気にしながら捕まえる相手を選ぶようにしよう。(捕まえること自体は簡単なのだ。)

しかしなんといってもこのゲームの良さは直感的かつ可愛いオバケシートシステム。
IMG_3729.jpg
グッジョブです。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
オバケゲームらしいワクワクのあるゲームです。
ゴール3マス前くらいでの手札待ちゲームという状況になりがちなので、大人よりはもちろん子供向けに出来ていると思います。
なんといってもこのゲームは駒ですけどね。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。