スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:モウ

ルールがお手軽でしかもミニサイズ。
考えどころもあってまったくの運ゲームだとは感じさせないつくり。
「モウ」はゴキブリポーカーなどに続く万能鉄板アイテムに仲間入りするかもしれない。ひょっとしたら。

IMG_3933.jpg
携帯サイズの小さな箱。メーカーではアドルングあたりに近い。
枠取りやカード裏が黒色なのがちょっとソフトじゃないけれども、牛のイラストはマヌケな感じで好感触。

カードには大きく5種類あって
?緑色のカード
?黄色のカード(ハエが1匹)
?オレンジ色のカード(ハエが2匹)
?赤色のカード(ハエが3匹)
?スペシャルカード(ハエが5匹)
という感じ。
ちなみにハエはカードを引き取った時に匹数の分だけマイナス点になる。

IMG_3936.jpg
手番になったら手札から1枚場に出す。
このとき、既に場に出ているカードの最小値よりも小さいか、最大値よりも大きい数字のカードしか出すことができない。(スペシャルは後述。)
つまり、場に4と7のカードが出ていたら、4,5,6,7のカードは出せないことになる。

カードが出せない、もしくは出したくない場合は場にあるカードを全て引き取る。
引き取ったカードに書かれたハエは全てマイナス点確定。
これを山札が無くなるまで続けたらその回でラウンド終了。マイナス点を計算する。ラウンド終了時の手札も引き取り札扱いなので、手札回しが悩ましい。
ラウンドを重ねてマイナスが100を越えた人がでたら順位が決まるというルールだ。

その場の損得だけでなく、手札と相談しながら、場合によってはあえて場のカードを引き取ったりなどの戦略は大有り。

IMG_3935.jpg
シンプルルールにハプニングを添えるのがスペシャルカード。
数字の間に割り入ったり、0・16という端っこカードだったりする。
ハエが5匹もついているので使い切らずにラウンドが終了すると痛いので注意。

さらにスペシャルカードには全共通のおまけ能力がついている。
このおまけ能力こそがスペシャルカードの真の力であり、欧州列強が恐怖したという“手番を逆周りにしても可”である。
これを使って暫定1位を狙い打てるのだ。(暫定1位の横にいる人が流れ弾を喰らいやすく、それがまたおもしろい。)

【所感】★★★★★★★★☆☆
カードゲームに名作数あれど、簡単で誰にでも受け入れやすい条件を満たすものは多くないと思います。その点「モウ」はカード1枚出しのぐるぐる手番、シンプルな数字並べでとっつきやすさは抜群です。
出すカードの数字で流れを絞ることができるので、作戦も練ったりしやすいのも良いですね。
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

コメント

通販ではまったく魅力的に感じなかったのに
レビューを読むとアラ不思議。
なんだか欲しくなります。

一番のポイントは「欧州列強が恐怖した」というフレーズ

す、すません。変なとこ言っちゃって。

2009/10/22(木) 04:49:36 | URL | RAMPLING #-[ 編集]
これは本当に良いゲームですね
シンプルかつスピーディー、しかも手札も失点になる等
考えどころも適度にあります
初心者、ゲーマーともども楽しめる一品ではないでしょうか
イラストもナイスで個人的にも定番ゲームになると思います
2009/10/22(木) 08:05:02 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]
RAMPLINGさん どうもです。
私も箱サイズとかで全然興味なかったんですが、おススメなんで是非試してみてくださいな。

鬚どん
そうなんだよねぇ。ゲーマーもこっそりしっかり遊べるようになってるってのがいいね。
2009/10/22(木) 12:45:42 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。