スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:出発進行!

HABAの新作タイルゲーム「出発進行!」。
まわりの状況を見ながら電車の運行タイミングを調整するという、キッズゲームとしてはちょっと風変わりな一品。
正確には「全速前進」というタイトルだけど、内容に合わせて「出発進行!」とした。

IMG_3955.jpg
小箱ゲームで、イラストは同じく新作の「ドラゴンダーツ」やちょっと前のラーニングゲーム「数えるのはどーれ?」も手がけているピーターブラウン。
中にはタイルとプレイヤーに1枚ずつ配られるゲームボード、それに得点おはじきと機関車駒。

まずは電車タイルを裏向きにしてシャッフル。
その後4枚だけ表向きにしておく。
つぎに各自の担当する発着場(ゲームボード)を受け取る。
これでゲームスタート。

IMG_3956.jpg
手番になったら表向きになっている電車タイル4枚の中から1枚を選んで、自分の発着場の該当するレーンに置く。電車には3種類あって、2枚で完成する客車、3枚で完成する貨物車、4枚で完成する特急列車がある。
IMG_3958.jpg
それ以外にもすべてのレーンに置くことができるクレーン車両、他の人の発着所から車両を引っ張ってくることができるジャンクションオペレーターがある。
最後にもう1種類。コンダクターっつーおっさんが丸印を出しているタイルがある。このタイルは取ることができず場にたまり、3枚目がめくられたところでラウンド終了になる。
コンダクターが溜まる分、他の選べるタイルの数が減っていくので終盤になるほど自由も利きにくくなってくるわけだ。

IMG_3959.jpg
車両が揃ったレーンは“出発進行”となる。
出発した車両のタイルは自分のボードの横に積み重ねておく。
この積み重ねたタイルが“出発進行”した時点で他のプレイヤーよりも多かった場合は、機関車駒を受け取ることができるのだ。
コンダクターが3枚出てラウンドが終了したとき、この機関車駒を持っていたプレイヤーが1ポイントを得ることができる。2ポイント先取したプレイヤーの勝利。

引く枚数は基本的にみんな同じで、差が出るのはジャンクションオペレーターくらいのもの。
長期戦になるほど勝負は接戦になる。終わり時を探りつつ、ラストスパートをするタイミングをうかがうのだ。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
早期に終わりそうなら特急列車を優先。長期戦になりそうなら瞬発力を温存。他の人を気にするというよりは、いつコンダクターが出てゲームが終了するかとニラメッコな感じです。
ラウンドは思うより早く終わるので、「ここだ!」というチャンスを見極めるのが面白いゲームです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。