紹介:魔女のハーブとクモの足

HABAひさびさの正方形大型ゲームは魔女の秘薬をテーマにしたシンプルすごろく。
その名も「魔女のハーブとクモの足」。「ワイルドヴァイキング」のディルシエール作。

IMG_3945.jpg
HABAの箱は中型(ワニに乗る?など)を越えると、一気にでかくなって一般メーカーの正方Lサイズより一回り大きくなる。このサイズのHABAゲームは内容がシンプルでもコンポーネントに凝ったものが多い。
イラストは「キャプテン・クック」や「ワイルドヴァイキング」のミヒャエル・メンツェル。可愛くて味のあるイラストを描く人だ。

IMG_3949.jpg
秘薬の材料を探しに森へ繰り出す魔女達。
手番になったら2つのサイコロを振って、担当する色の魔女を進めたり、他のプレイヤーの邪魔をしたり。
コースは途中分岐はあるがぐるぐる周回するようになっており、その道中で“魔女のハーブ”と“クモの足”を集めるのが目的。

ただしこのハーブとクモ、常時道中に落ちているというわけではない。

IMG_3950.jpg
実はこのすごろく、昼夜の概念がある。
サイコロで“太陽と月”のマークが出るたびに時間が進むのだ。
そしてハーブは夜、クモは昼にしか手に入れることができない。
ハーブコースとクモコースは分岐して分かれているので、時間の進み具合を計りつつコースを選ぶというわけだ。
ちなみにボード中央の時間ダイヤルを回すことでハーブとクモのアイコンが消えたり現れたりするギミックになっている。

IMG_3953.jpg
手に入れた材料はそれぞれの釜の中へ。
一応入れ口がハーブ用とクモ用に分かれていたりなど、ラーニングな一面が見られる。

片方の材料が尽きたらゲーム終了。もっともたくさん材料を集めた人の勝ち。
ちょっとだけ上級者向けにして、もっともたくさん材料のペアを集めた人の勝ちとしても良いかもしれない。

【所感】★★★★★☆☆☆☆☆
可愛い駒と昼夜の切り替わりがチャーミングなゲームです。
すごろくにほんのちょっと一工夫を加えてなんとなしにゲームらしくしています。
コンポーネントは軒並み豪華で、どこにも記載されていませんが下箱の上にボードを載せたまま遊べるようにデザインされています。
この作者はボードゲームによくあるシステムを、グッとわかり易く子供向けにするのが得意なようです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する