スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:目玉焼き騒動

HABA小箱シリーズは今年も良作づくし。
新作「目玉焼き騒動」はキュートなタイルもさることながら、物語性のあるテーマが魅力のメモリーゲームだ。
作者は「オー、ファラオ」、「出発進行!」のティロ・ハッツラー。

IMG_3979.jpg
HABAでは初めて見るイラストレーターさん。どうも絵本書きの人らしい。
中に入っているフライパンタイルがなんとも可愛く、エッグバートさん人形も裏表があって良く出来ている。

IMG_3980.jpg
目玉焼きが大好きなエッグバートさんは、今日もニワトリ小屋に卵をとりにやってきます。ところがどっこい様子がおかしい。雄鶏も雌鳥もまったく見当たらないじゃないですか。
卵をとられたくないニワトリ達は干草の中に隠れてしまったようです。

プレイヤーは写真中央の干草をあさってニワトリを見つける役だ。

IMG_3981.jpg
まずは目玉焼きを何個焼きたいか決めて、エッグバートさんを置く。
次にサイコロを振って、何色のニワトリを見つける必要があるかを決める。
サイコロで指定された色のニワトリを、目玉焼きを焼きたい数だけ見つけることができれば、見事フライパンを得点としてゲットできるというわけだ。

サイコロの出目には何色にするか自分で決めることのできる“雌鶏”や、ニワトリを見つけなくても即座にフライパンをもらえる“卵”などがある。一挙攻勢をかけるため、序盤から“卵”を期待して目玉焼き4つにチャレンジするのも面白い。

IMG_3982.jpg
基本的にはメモリーゲームなので、徐々にニワトリの場所がわかってきてたくさんの目玉焼きに挑戦できるようになる。見事な収束性だ。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
メモリーゲームには珍しく“目玉焼きを作るためにニワトリを探す”という物語性があるところが良いですね。
リスクのあるチャレンジができるという点が子供以外でも楽しめる要素になっています。内容物のクオリティも高く、同じ価格帯でもおススメの一品です。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。