映画ファン達の受難

週末を前にするとピー高がうなる。
彼の悩みはもっぱら“観たい映画をどの映画館で観るか”ということだ。
洋画ファンにとっては「近い映画館でいいじゃん」とは中々行かないものである。

最近は期待されている映画でも都内の一部でしか上映しない。全国ロードショーの場合でも大きなスクリーンは邦画に献上していることが多い。
公開当日から一番ちっこいスクリーンで始まるなんてのは普通だ。
大きなスクリーンを求めて豊洲に行く。これがピー高にとっては日常である。

今日は今日とて、また別の問題が現れた。
“吹替版のみ上映”である。
僕らが大いに期待していたピクサー映画「カールじいさんの空飛ぶ家」の国内上映がほとんど吹替版に占拠されてしまったのだ。
ワーナー系はもちろん、ほとんどの映画館で吹替版のみの上映となったのには理由がある。

人気のあるピクサー映画は通常でも吹替版と字幕版の2スクリーンが用意される。
動員に関係なく2スクリーン用意するというのは、平日日中で非効率になるリスクを考えればそれだけで贅沢な手法ではある。
しかし今回、3Dメガネを使用した立体版が同時上映されることになり、3D吹替版、3D字幕版、吹替版、字幕版、の4パターンが存在することになってしまったのだ。
そして都内近郊ほとんどの劇場が選択したのが3D吹替+吹替という組み合わせだったのだ。

字幕抜きで見られる吹き替えも結構。
僕だってディズニーアニメは吹き替えで観たんだ。
しかし・・・。
口パクに合わせて台詞を変える必要があったり、背中を向けている間に台詞が付け加えられたりする吹替版は、僕にとってやはり別の映画だ。(ミュージカルシーンなんかある場合はもう最悪)

子供向け映画が字幕より吹替優先なのは良い。
字幕は人が入らんというのも分かる。

でもWALL-Eを観てごらんなさい。
ピクサーは子供向けだけの映画を作ってるわけじゃない。
吹替+吹替になるとは思わんかった。
シネコンの近くに住んでんのにメジャー映画で遠出することになるとは。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

コメント

俺もそこまで映画をよく見るわけではないけど、
子供の頃の自分を棚に上げて吹替え版上映の多さには辟易。
カールじいさんは3D上映なんてのもあるんだね。

映画館を選ぶ条件として俺が気にするのは、座席とスクリーンと客層かな。
客層って意味で都心の映画館は良い思い出がないのであまり行きたくないけど。
豊洲ってそんなにいいんだね。
2009/12/03(木) 23:35:13 | URL | むらちゃん #-[ 編集]
でも俺らの小さいころも映画館で吹替観た覚えは無いよ。
ビデオは吹替で観てたけど、劇場ディズニーは字幕で観てた。

客層は大きいよね。
でもあんまり劇場依存じゃないとおもうな。
良い映画館でも悪いときは悪い。
俺はとりあえず、エンディングロールでわらわらと席を立たれなければ100点をあげちゃう。
2009/12/04(金) 00:30:50 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
近いくせに豊洲はこの前2012で初めて行ったんですが、音質が良くていい映画館ですねえ。
ただ、あの万豚記だけは許せん。。。
ところでわたしはアニメに関して言えば、吹き替えの方が楽ちんで好きです。ドラえもんの声が変わったとてしばらくしたら慣れますし、声優の給与が安いたる所以でしょう。

まあ、最近はDVDも吹き替えでみる横着をしてます。
吹き替えの方が情報量が多いんですよね。字幕やと超訳されてたりするので、オリジナル音声の良さを感じながらもついつい。
2009/12/04(金) 11:21:40 | URL | あきお #wr80fq92[ 編集]
豊洲は僕はいったことがないんですが、ピー高が良いと言ってるのでおそらく間違いないんだと思います。

で、やっぱり映画の楽しみ方は個々のものなので吹替は全然ありだと思うんですよ。文化的背景があるとはいえヨーロッパなんてみんなそうですし。
だからこれは僕やピー高みたいなんがスミからスミまで観てやろうばりのキチガイな勢いで鑑賞してるんで出てくるもんなんですよ。きっと。俳優さんの演技が観れないストレスを感じてるんです。

で、実は僕もジャッキー映画は吹替で観たりしますよ。
香港映画は北京で輸入物扱いだったので、あれはつい最近までずっとジャッキーの声じゃなかったんですよ。

ピクサーの日本語吹替、ジブリの英語吹替は品質が非常に高いことで有名ですし、僕自身もこれまでピクサー吹替で悪かったものは無かったと思うので、我慢できないこともないわけですが・・・。
やっぱり監督がOKだした声色を聞きたい。
2009/12/04(金) 12:46:07 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する