スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:デスペラード

鉱山の奪い合いをテーマにしたカードゲーム「デスペラード」。
クニツィア氏の作品で、以前は「ディギング」という名だったらしい。
「ティチュー」のように4人2組で行なう協力対戦ゲームだ。

IMG_4059.jpg
ペガサスの缶入り。
この缶は最近グリフォンが使っている奴と同じ。(グリフォンとペガサスはイラスト流用しあったりして良く分からない関係だなぁ。グリフォンってペガサスの資本入ってるんだろうか?)
冴えないイラストが特徴。

IMG_4060.jpg
時計回りで手番が回ってきたら、手札からカードを出して
?鉱山を開く
?鉱山を掘り進める
?鉱山を閉める
?ならず者を使って相手チームの鉱山を奪いに行く
?’ならず者を使って相手チームの攻撃を返す
?仲間にカードを1枚渡す
のいずれかを行なう。

???は純粋に得点を得るための行動で、ちなみに誰の前にでも出すことができる。仲間の鉱山を掘り進めたり(?)、敵の鉱山が成長する前に閉めたり(?)。
鉱山は掘り進めても閉めるまで得点にはならないので、ある程度溜まったら閉めてしまうのがよいと思われる。

IMG_4061.jpg
誰かがならず者を使って鉱山を奪いに行ったら(?)、他プレイヤーは自分の手札からならず者を出して阻止するか、ほっといて自分の行動を進めるかになる。
奪うことに成功した鉱山は自分の前に持ってくることができる。
また、奪われてしまう前に鉱山を閉めることで小さな被害のみで得点を得ることも可能。

そしてこのゲームで一番大切なのが?。仲間にカードを1枚渡す。
一見手番を無駄に使ってしまうように見えるが、“お前は鉱山を閉めることができるのか?”“守りの強いならず者をもっているのか?”という重要なポイントをひそかに伝えることが出来るのは大きい。
交換しすぎるのは問題だが、これをしておかないと「なんだ!お前持ってなかったのかよ??!」
ってことになってしまう。これがこのゲームの本質である。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
びびりながら鉱山を掘っていくゲームです。奪われるのは本当に痛いので、ちょっと掘り出すにも勇気が要ります。ということで「大丈夫だぜ。安心しろ。」というカード渡しが非常に重要で、ありがたく、そして面白いのです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。