紹介:ナイアガラ拡張パック

せっかくなので「ナイアガラ拡張パック」。
大賞作ということでメーカー側もなんとかして拡張を作りたかったのだろう。
なんとか絞り出した感が漂う哀愁の拡張パックである。

IMG_0022.jpg

箱は繋がるようになってる。
まぁ、そんだけ。
拡張要素はおおまか下記のとおり。

?6人対応
IMG_0023.jpg

これまで5人までだった対応人数に追加。
黒いカヤックとパドルタイル一式、さらにボード上に6つ目のタイル置き場をシー
ルで貼る。
まぁ、単純に喜ぶべき要素。

?2人乗り?カヤック
IMG_0030.jpg

各色に2人乗りのカヤックが追加。
効果は見た目の通り。2つのアレをアレできる。
ただこれを取り入れてしまうと、アレを1つしか積めないジレンマがなくなって
しまうので評価は人によりけりだ。
まぁ、無くてもいいわな。

?パドルタイルの追加
IMG_0027.jpg

3種類のパドルタイルが追加された。
これは拡張パックの他要素を加味しての追加と思われる。

『7のパドル』
⇒そのまま。パドルの力が7になる。
 後述の渦対策、それにアレを2つまで持てる意味を得るための追加だろう。
『1/2/3のパドル』
⇒パドルの力を1・2・3から選べる。その代わりに一つのカヤックしか動かせな
 い。泥棒万歳タイル。
『係留のパドル』
⇒そのターンだけ川岸にあがることができる。要は流れないわけ。
 強い流れの時の避難用?。最後の1枚に残ると無意味なタイル。
 これは追加せんでもいいんじゃなかろうか。
 ※川岸の乗り降りは細かなルールあり。

?渦
IMG_0032.jpg

ゲーム内容への影響が最も強い追加要素。強烈。
渦タイルにはカヤックが留まれないというルール。
もし渦タイルに止まったら一つ下流のタイルに移動。ゲゲ。
それだけじゃない。渦タイルを乗り越えるには追加で移動力がかかる。
要は超迷惑。一旦渦を超えて下流に下ると中々戻れず、滝つぼダイビングの可能
性が飛躍的にアップする。

渦タイルの場所を計算しなくてはならず、メンドウな人にはメンドウ。

?ビーバー
IMG_0037.jpg

非常にキュートな木製駒。
しかし残念ながら、ほぼ意味のない追加要素。
天候が非常に悪いときにだけ上流に現れる。
川の流れに任せて下って行き、滝つぼに落ちると天候が普通に戻る。
やばい時にタイムリーに活躍するわけではないのが微妙。

?ヘラジカ
IMG_0034.jpg

ヘラジカのツノだけ見えている。
普段は滝つぼ直前に控えていて、ギリギリの所まで来たカヤックの移動力を高め
てくれる。赤いアレを採りたいプレイヤーを支援する要素だろう。というか、渦
があるときはヘラジカがいないときつい。

とまぁ、こんな感じ。
各要素が個別に追加できるのは非常に良いところ。
逆に全てを盛り込んでゲームにするのはちょっと考えもの。
ナイアガラのシンプルなおもしろさを楽しみながら、1つくらい追加を加えて、
違いを楽しむ程度がいいんじゃないだろうか。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する