紹介:ネズミのパティシエ

「ネズミのパティシエ」はKOSMOSの小箱カードゲーム。
ネズミのパティシエについていた助手が居なくなってしまった・・・でもお客は僕らのデザートを待っている!虫の手を借りてでもなんとかせねば!
って感じ。
カードでカードを競ったり、手札で役を作ったりとカードゲームに慣れている人ならば馴染みやすいルール。そこに助手というキャラクターカードが加わり、ライトなゲームながら戦略的にも動けるように仕上がっている。

IMG_4134.jpg
ピクサー作品を思わせるタイトルに心惹かれるが、こってりしたイラストの助手達には妙な気持ち悪さを覚えたりする。
カードは『役を作るための材料カード』『助手カード』の2種類である。
基本的には前者のカードをよりうまく運用するのが目的だ。

IMG_4136.jpg
まずは『役を作るための材料カード』の取り回し。
各自一斉にカードを1枚出し、そこに書かれているチョコ数字が大きい人から場に出ているカードを2枚選んで取る。自分が出したカードはその時点で場に加える。
つまり、(順番の)競りに使ったカードは次の人以降が取れるという寸法。

各自1枚カードを出して、2枚カードを受け取る。つまり1週で増えるカードはいずれも1枚である。

カードを受け取ったとき、自分の手札の中で3枚組の役が出来ていたらそれを公開することができる。
役によってもらえる点数/枚数は異なるが、基本的には役に使われたカード1枚を受け取り、そこに書かれた数字がそのまま得点である。(得点として受け取らなかったカードは捨て札。)

役を作ること自体は非常に簡単ではあるが、より高い点数・多い枚数を貰おうと思うと次に紹介する助手カード無しには難しくなってくる。

IMG_4138.jpg
助手はモグラ、アリ、ゴキブリなどの比較的薄汚い小動物たち。
プレイヤーは助手のうちのどれか1つから恩恵を受けており、順番にめぐってくるその特殊効果を活かす様な手札回しができると良いわけだ。

助手の効果は「手札1枚を他の色扱いできる」とか「カードの数字に+1できる」など、より強い役を作るのに役立つようになっている。

こうして役を作り、受け取ったカードによる得点が30を超えたプレイヤーが出たら、そのプレイヤーの勝利となる。

カードの補給は毎手番1枚であることは全員同じなので、得点としてカードを2枚もらえるような役をつくることが重要である。
“役枚数を増やせる助手”が強いのは間違いないが、助手のめぐりから計画的に手札を運べれば“+1”や“-1”や“色変”でスリーカードフラッシュを作り対抗できる。一部の弱いカードも来る時に備えた手札調整に使えたりするので、わりと意味ありげなのが面白い。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
定番の役作りカードゲームに、キャラクターが影響してくるところが目新しいです。お手軽、というには助手キャラクターの説明がややメンドクサイという気がしますが、効果は明解なので「覚えるのがしんどい」ということはありません。“狙った状態に持っていく”ということが比較的自由にできるゲームです。ただし、欲しいカードがいつも取れるとは限りません。
役を作る=数字揃えなのでいまいちデザートを作ってる感に乏しいのが惜しいですね。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

コメント

我も先日やりました。
やはり4枚役の助手が強いが、
システムはなかなか面白い。

テーマ性を持たせるなら、
役は絵柄揃えでも良かったかも。
2010/01/30(土) 11:59:26 | URL | 流 #ffdknq3A[ 編集]
やっぱり4枚役をつくりには1枚手札を多く使用しているのもポイントですよね。作りやすいですけど。
一番いいのはフラッシュスリーカード。
+-か色変でこれが出来るのが一番ではないかと。
2010/02/01(月) 12:55:48 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
こういうヴァリアントはどうでしょう?
「ケーキ作ってる感に欠ける」というのであれば、提案があります。「5種類の材料をすべて揃えれば、即座に5点のボーナスを得る」というのはどうでしょうか?別々の材料をそろえていく感じがなんとなく「ケーキ作ってるなぁ」と思えてきませんか?(はじめは「10点のボーナス」にしようかと思いましたが、それだと強烈過ぎると思ったので、ひとまず5点にしてみました。)
2011/01/19(水) 10:08:08 | URL | しゃみ・ぺけぺん #moRH3bTE[ 編集]
当然そういう発想になりますよね。
でも絡んでるカードが特殊効果を持ってるので、別ゲームになっちゃいますね。
2011/01/19(水) 20:37:48 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する