スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

akioさんちでコズミックスの巻き

先週末はakioさんとこにお邪魔しました。
SWオタクとトレッキーというコズミックな面々がコズミックエンカウンターでコズミックスする会。

Yes,コズミック。

◆コズミックエンカウンター/Hasbro・アバロンhill
IMG_4141.jpg
僕もakioさんも日本語版持ってるのにHasbro版で遊ぶ。
なんといってもこのコンポーネントなのだ。母艦に乗り込む時の結託感が良い。

それぞれが自分の銀河に5つずつホーム惑星を持っているところから始まり、他の銀河にある惑星5つに殖民できれば勝ちというルール。
惑星に殖民するには基本的に戦闘を伴うが、攻守双方が他プレイヤーに加勢を頼めるところがおもしろい。戦闘に使用するカードの数字に比べると加勢による影響はほどほど。そこは保険みたいなところもあるし、一人だけ殖民数が突出しないようにカモフラージュする意味もあると思う。

◎1回目の宇宙人
akioさん/相手のカードを交渉カードに変える
miaさん/宇宙船の数とカードの数を掛け算
ローさん/交渉カードで戦闘カードに一方的勝利
オビ湾/相手と手札を全て交換する

miaさんの掛け算攻撃が脅威の強さで、オビ湾はそれに乗っかって殖民数を稼ぐ。
もう1つ強そうなのがローさんの効果。しかしカードの引きがイマイチだったらしく俺持ってるぜ的ハッタリを繰り返さなければならない苦境だったみたい。
戦闘で圧倒したmiaさんと便乗したオビ湾の勝利。

っつーか勝ち負けよりもドタバタ感が楽しい!
特に交渉がまとまらないときのコズミック制裁がイケテル。
あーだこーだばかやろふざけんな的なノリが始終通用するフランクさが良い。

◎2回目の宇宙人
akioさん/クズ拾い
miaさん/相手が使ったカードをもらえる
ローさん/ガンダルフ
オビ湾/遭遇時に相手にカードを選ばせない

LotR対決のガンダルフを思わせるローさんの予知能力が強いかと思いきや、またも手札の悪さを発揮。何度となくとほほな負け戦を予知したものの、カード再補給で生まれ変わり、なんと最後には劇的勝利を収めてリアルガンダルフとなった。

なんというか細かいことは気にしないルールになってて、戦闘に使う数値バランスとか特殊能力で簡単に崩壊しちゃう。だったら皆で談合してなんとかせいっていう、いい加減でありながらそりゃそうだ的なとこが気に入りました。そもそもフェアじゃないことが醍醐味のゲームになってる。

すげー楽しめました。

◆ヴァスコダガマ
IMG_4142.jpg
例のフェスタで出口調査ナンバー1という代物。
ワーカープレイスに一味加えたと聞いていたが、確かに並みのワーカープレイスよりも一歩踏み出した凝ったシステムだった。

単純な早い者勝ちではなく、順番で実行順を抑えていく2段階の取り合いが良く出来ている。さらにうまく航海することで財産を比較的楽に運用できるなど、1つ1つの要素がしっかりしている。

オビ湾は手番が一回増える“王様”をパトロンにしてスタートしたのだけど、何をするにもお金が掛かるこのゲームにおいて、追加された手番をどう有効に活用したらよいか見出すことができずに停滞。結局航海用に使うのだけど、それだと最後に船出することになるので思ったように航海できず・・・。
3ラウンド目には圧倒的敗戦が計算できてしまう体たらく。

同じワーカープレイスメントで最近遊んだ「カーソンシティ」も難しかったけど、あれはシステムが難しいのではなくて損得勘定を読んでいくところが面白く、難しかった。

対して「ヴァスコダガマ」はシステムの歯車をうまく回さないといけない難しさがあり、よりゲーマーズな印象だった。システムに気を取られてテーマに浸れるようになるにはちょっと慣れが必要かも。逆に言えばそのくらい存在感があるゲーム性。面白かったと思う。

◆ドナーベッター
IMG_4143.jpg
一子相伝のアイテムをakioさんに託す。HABA箱が緑色時代の代物。
んでもって超久々に遊ぼうと思ったら英文ルールが良く分からん。ローさんにも見てもらいつつ常識的解釈補正をかけていたらなんとなく正しいルールでプレイできた。

とにかく見た目が可愛いゲームで、気軽にパチンパチンと天気予報していくのが楽しい。「ガリレオ」で腕をならしたakioさんの勝利。

◆スリル
IMG_4144.jpg
この箱。レトロデザインがたまらない。
ゲームセンターに良くあるコインおとしゲームみたいなもの。ただし落としたら駄目な方のルール。

IMG_4145.jpg
毎回、手持ちのチップから数枚を提示し、一番少なかった人がコインおとしにチャレンジしなくてはならない。最近だとバウザックにちょっと似た感じ。
落とす当事者になってもチップを払わなければならないのが面白かった。

上級ルールでは2回だけ使える重りが登場したり、クロンダイクのようにコインがおちるかおちないか予想するシステムが登場したりする。
遊ぶ人によってちょっとだけ深みを変えられる良いヴァリエーションと思いました。

今回は老練なakioさんとローさんのほぼ一騎打ち。
若輩者では全然かないません。

以上、重?いヴァスコダガマの印象が強かったですが、コズミックやスリルという素晴らしいゲームにも出会え、非常に楽しかったです。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

コメント

コスミックてんばーつっ!
オビ湾よ、がめりすぎじゃ。
落ち着いて考えてくださいと連呼するオビ湾がおもろかったw
交渉の部分がどうにもモヤモヤしてるけど、あれでおうてるんかなあ?
あと、惑星の4個制限ってのはないんちゃう? 防御には5個でも6個でも問題はないわけやし、最初にやられたらワープから確実に帰って来れなくなるかと。

ドナーベッター確かに一子相伝されました。今、こちらもルールがモヤモヤして部分があるんで紺碧さんに問い合わせしてる。レビューするときは日本語名に変えるつもり。
2010/02/01(月) 23:08:49 | URL | akio #wr80fq92[ 編集]
日本語版で確認したんですが、どうも交渉のところはかなり説明文が変わってるかもしれません。交渉で使えるのは手札と、「自分が進出している(コロニーを置いている)星に、相手プレイヤーのコロニーを置く権利」をやりとりするんだそうです。
だから、全然関係ない星系にある惑星へコロニーを置けるってことだと思います。
あと、補充は4までじゃないっぽい。
まぁ、あんまり変わんないかもしれませんが。

ドナーベッターって雷雨ですよね。
2010/02/02(火) 00:34:27 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
あ、呼ばれた(笑)。
メール受け取ってます。
しばしお待ちをー(爆)。
今日はもう寝かせてください・・・
2010/02/02(火) 06:57:58 | URL | 紺碧 #8IgtKjlw[ 編集]
紺碧さん よろしくですー
どうも英文だとしっくりこないルールっす
2010/02/02(火) 12:41:33 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。