スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

サンシャイン・クリーニング★★★☆☆

エイミーアダムス主演の「サンシャイン・クリーニング」は、あのヒット作「リトル・ミス・サンシャイン」チームの2作目である。
エイミーアダムスにちょい似のエミリー・ブラントを妹役に抜擢するあたり、なんとも売り所をよく心得ている。

gallery_img02p.jpg
かつてはチアリーダーのアイドルで、今は不倫にのめりこむシングルマザーの姉、エイミーアダムス。
人一倍感情的で大人になりきれない、親元で暮らす無職の妹、エミリー・ブラント。
お金に困った姉妹がすがりつくように始めた仕事が“現場の清掃業”。
要は血だらけの現場を綺麗にお掃除するという、一昔前で言う3Kなお仕事である。

周囲の好意も手伝って、意外にもこの仕事がうまく運んだ2人は徐々に自身を取り戻していくのだが・・・。
妹が仕事先で火事を起こして廃業。
このポカをきっかけに、小さな成功の裏でそれぞれが清算していなかった心の悩みと改めて向かい合う。幸せそうな旧友への劣等感、育児の不安、自殺した母への想い。

悩み苦しみを共有する家族だからこそ、どんぞこであっても再スタートできる。
冴えない父親が一歩踏み出すことで、負け犬家族なりの“幸せの有り様”を嫌味なく見せてくれるラスト。
なんと後味が良いことでしょう。


良くも悪くも期待を裏切らない。
“綺麗どころの2人が過酷な職業に付く”という設定は既出だったりするけど、今ノリにノっているエイミー・アダムス主演ということで華のある見栄えになっている。
ただし、子育て問題にしても、主人公が持つ劣等感にしても、自殺した母親に対する心情にしても、まったくバラバラに展開して本筋との絡みが希薄。凄惨な汚れ仕事に従事していることが脚本上ほとんど意味を持たないことを含め、全ての設定が中途半端に感じられる。これなら現場掃除でなくても何だっていいということになってしまう。もうちょっと、この悲惨な仕事を通して姉妹が何かを見つけられるというような、そんな脚本になるのかと期待してしまった。

最高にかわいい30代、結婚したい女優ナンバー1のエイミー・アダムスがいっぱい見られるという点で★1つ追加。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。