紹介:サイトシーイング

HABA新作の中でもちょっと注目して欲しいゲーム。
ヨーロッパをバスで周遊する「サイトシーイング」。

同じバスに乗ってはいるけど、行きたいところは人それぞれ。
ライトに旅行気分が味わえる箱庭的楽しさと、他の人のわがままにちょっとだけ振り回されるもどかしさが面白い。

IMG_4250.jpg
いわゆるHABA中箱。(ワニに乗る?サイズ)
趣のあるヨーロッパボードと、各都市を表す水彩調のシンボルがとても良い雰囲気を出している。
個人的にポイントだったのは、ヨーロッパにありそうな近代的デザインのバス駒だ。バスだからと言って定型化された旧世代の形状にしなかったところがリアルで良い。

IMG_4251.jpg
先ほど書いたとおり、バスはみんなの共有物。
自分の番になったら袋からチケットを取り出して、そこに書かれている範囲でバスを自由に移動できる。
バスの移動距離はそれまでに取り出されたチケットの数なので、手番を繰り返すことでだんだん距離が伸びていくことになる。

IMG_4252.jpg
じゃあどこに向かうのかってことなんだけど、これが各自で違うわけだ。
遊ぶ人は事前に目的地カードをもらっており、バスがそこを通るように仕向ける。
(止まらなくても通るだけでOK。)

見事目的地にバスが入ったら、ご褒美にそれまで取り出されてきたチケットを貰うことができる。(そして再び、秘密裏に目的地カードを受け取る。)

最後に勝つのは“貰ったチケットを積み重ねた厚み”が一番の人。
だれの目的地にも着かない状況が長引くことで、貰えるチケットがどんどん増えていくキャリーオーバー制度がおもしろい。

IMG_4253.jpg
ここでもう1つポイント。
☆印のついたチケットを引くと、制限無しにバスを進めることができる。
これは引いた人に有利!
と思えるのだが、自分の目的地につくまでに他の人の目的地を通ってしまったら意味がないわけで、中々悩ましい。他の人がどの方向に行きたがっているのか、注意深く見ておくと面白い。
しかも☆印チケットで目的地に着くと、チケットだけでなく☆駒を貰うことができる。☆駒はチケットと同じように厚みに加えられるので、かなり強力。

「またそこで曲がるか??!」

【所感】★★★★★★★★☆☆
ヨーロッパをバスで周遊するという気持ちの良いテーマがいきていますね。
そういう意味で、実は大人の方が楽しめたりする可能性もあります。(本人達のノリありきですが。)
イラストワークのよさと、都市の説明が入った親切な説明書が好印象です。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

「NHK世界ふれあい街歩き」 と合わせてお楽しみください。
ですかね?
2010/04/10(土) 10:55:50 | URL | カインのしるし #-[ 編集]
惜しい!ふれあい街歩きは1人旅!
2010/04/12(月) 00:02:01 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する