スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

マスカー・クレメンツ・クオリティ

並々ならぬ想いがあったにも関わらず、
ついに僕は「プリンセスと魔法のキス」を観にいくことができませんでした。
335255view001.jpg
原題「THE PRINCESS AND THE FROG」の製作指揮を取るのがジョン・マスカーとロン・クレメンツと聞いたときはびっくり仰天の大喜びだったんですが・・・。

ちょっとこのジョン・マスカーとロン・クレメンツについて簡単に補足しましょう。
ディズニーの歴史に詳しい方ならよくご存知の2人組だと思いますが、誰にでもわかるように言うなれば「アラジンを作った人」です。
「アラジン」といえば10年に一度の傑作といわれた「美女と野獣」と共にウォルト没後に初めて訪れたディズニー黄金期の一角です。(この黄金期最大の貢献者はアラン・メンケンだとは思いますが)

ベテランアニメーターらしい愛のあるアニメを作る素晴らしいコンビなのは疑いようがありません。
これぞディズニー!というクリエイターだったんですが・・・

地に落ちたアホディズニーが「今後手書きアニメは作りませーん」と宣言したために2人は退職。
安っちいコンビニのような作品しか作らないディズニーには、確かにこの2人はいらんでしょうが。

で、最高峰のクリエイター集団であるピクサーがこの腐ったディズニーに鉄拳制裁を食らわすわけです。
ジョン・ラセターが製作チームを建て直し、「マスカーとクレメンツを呼び戻して、手書きアニメを復活させろ」としてくれたことで、ようやっとこの2人の映画がまた拝めることになったわけです。

がしかし・・・。
30間近の厳つい男が、チケット売り場で「プリンセスと魔法のキスを1枚」というのはきつすぎます。
なんで「お姫様とカエル」が「プリンセスと魔法のキス」になるんだっちゅーの!
そんな女の子に媚びた名前にしたって動員伸びねーよ!人が入らないのはディズニーのツケなんだからさ。

ということでDVDになるのを待っております。
レンタルなら「いやぁ、娘がねぇ。」って面してればいいわけですから。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。