スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ロイヤルカジノ

先週末にオーシャンズを観たので、影響されてロイヤルカジノをやった。
カジノでサイコロ振ってるところなんて見たことないんだが、まぁ、やってるとその気になってくるね。
今年はレインボーシックスといい、ベガスに触れることが多かったなぁ。

IMG_0126.jpg

ラベンスバーガーの典型的な横箱。
コンポーネントは全てジャケットに映されている。
内容物がわかりやすくてOK。

ちなみに「ロイヤルカジノ」は昔からある有名ゲームのリメイク。前進は「ギャンブラー」と「テンプテーション」という。ルールはまったく同じ。
ってことはこのジャケット、リメイクであることをわかりやすくしてるんじゃないだろうか。

IMG_0123.jpg

プレイヤーは場に出ているボードにサイコロをおいていく。
もちろん自由に置いてよいわけはなく、5つのサイコロを振って出目があっている箇所に置くことができる。(少なくとも1つは置ける限り置く。)
サイコロを置くことができた場合、望むのであれば残りのサイコロをまた振ることができる。振ったら少なくとも1つは置ける限り置く。
これを5つのサイコロが無くなるか、振るのをやめるか、振ったけど置けるものがないかという所まで続ける。

で、これを各プレイヤーが順に続けていくと、列の最後が埋まるときが来る。
ここからが肝なのだが、"列の最後の出目を埋めたプレイヤーのみ"がその列の右に書かれたチップを受け取ることができる。
そう、列が埋まる経過で貢献していても、何の意味もないのだ。

IMG_0124.jpg

これがボード。種類はいくつかある。
★はどんな出目でも置くことができるが、一番目に置かれた出目と同じ出目で統一しなくてはならない。
黒色の列は、最終的なチップがマイナス点のものである。
もちろんとりたくはないが、運が悪いとどうしても置かなくてはならないという事態によくなる。

IMG_0121.jpg

どっちゃりと入ったサイコロが満足感のあるコンポーネント。
欲を言えばチップがテンプテーション版の時のほうがよかったかなぁ。

運と判断。お気楽なギャンブルゲームだと思う。

ロイヤルカジノロイヤルカジノ
()
不明

商品詳細を見る
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。