スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ネズミがそろり

前回HABAの新作アクションゲーム「魔女のコンクール」に続き、HABAのアクションゲームを紹介したい。
今回はラインハルト・シュタウペ作の「ネズミがそろり」。
シュタウペ氏は宝石商などの大人ゲームでも有名だが、子供ゲームでいうとAmigoの「ハンカチ落とし」や「ウマとび競走」などの有名作を手がけている。

IMG_4436.jpg
縦長中箱サイズ(箱物では2番目に小さいサイズ。スティッキーとか)
イラストはアンドレアス・フォン・フライヤー。「コケッコゲルダ(目玉焼き騒動)」の人だ。毎度味のあるキャラを描くね。

まずは入っているボードを組み合わせて写真に写っているようなチーズの城を作る。チーズの城には鈴がつけられていて、振動が加わると“シャリン”と音がするようになっている。

木の棒を全員に均等に配ったらゲーム開始。

IMG_4437.jpg
色つきサイコロを2つ振って、出た色の穴に自分の棒を通す。(棒=ネズミというテーマ。)
このとき、チーズの城についている鈴がならないようにそ??っと入れなくてはならない。
入れたら手番終了なのだ。要はイライラ棒。

どちらの色を先に通すかは自由なので、なるべくまっすぐさせる場所を選びたい。

IMG_4439.jpg
木の棒が12本刺さったらゲーム終了。
手元に残った棒が少ない人の勝ち。

鈴は小さな振動にも反応してしまうので、プレイ中は机にも触らないよう気をつけよう。

【所感】★★★★☆☆☆☆☆☆
イラストとコンポーネントは非常に可愛いのですが、手番の人以外が机に体重をかけただけでも鈴がなってしまったりと、少々プレイアビリティに難があるように思います。ハッキリとした音がした場合に限りNG、ということにするのが良いと思いますが、その場合難易度はかなり低めです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。