スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

コララインとボタンの魔女★★★★☆

ナイトメアスタッフによるストップモーションアニメ「コララインとボタンの魔女」。一癖あるキャラクターデザインが相変わらずツボに嵌ってしまう。

coralineee.jpg
上階はネズミのサーカス団長、下階は元女優のオバさん姉妹。変人だらけのアパートメント“ピンクパレス”。
そこに越してきたのが本作の主人公であるコラライン一家。
母は作家、父は自宅で編集という、ちょっと陰気な家族である。

ある夜コララインが目を覚ますと、ベッドの下から可愛いネズミが這い出てきた。
コララインが後を追っていけば、なんと居間の脇にある小さな扉の中に入っていくではないか。あの扉はレンガで塞がれていた筈なのに!
恐る恐る扉を抜けてみるとそこには現実とそっくりなパラレルワールドが。ただ少しだけ違うのは、ママとパパがすごく優しいこと。それに、目がボタンだってこと。

理想の世界にすっかり嵌ってしまうコラライン。
でもそれは、ボタンの魔女が仕組んだ罠だったのだ。

突如閉じ込められた鏡の中で、コララインは目をボタンにされて命を喰われた子供達の霊に出会う。彼らの目を探してあげなくては。そう思った矢先、今度はママとパパが魔女に攫われてしまった!
このままではママもパパも失って、自分もあの子達と同じようになってしまう。
かくして気弱な友人ワイバーンと賢い黒猫をお供に、コララインと魔女の大切なものをかけたゲームが始まるのだった。


まあ最初に、素晴らしくよく出来たストップモーションアニメです。
特にコララインの大胆で細かい動きなんかは、よくも精巧に作ったものだなと。
滑稽で愛らしい動作に思わず見蕩れてしまう。
メイキングを見ていないのでわからないが、建物も人も基本的なところはあまりCGを使っていないように見える。っていうか編集以外にCG使ってるのか?使ってるとしたら光とか彩色だろうか。とにかく物質感のある見た目が良い。遠近の撮り方とか、実際のモノはどうなってるんだろうかと気になる。

物語も面白い。
悪い魔女がいて、パパとママが攫われてと、いたって王道なコンパクトファンタジー。しかし変人だらけのアパートメントといい、目をボタンにする魔女といい、なんとも愛らしい設定ではないか。
この辺りは当然原作が持てる魅力だろうが、今作の場合、ストップモーションアニメとの愛称が完璧なのだ。だって、“目がボタン”だよ。これ以外にボタンの素材が生きる表現方法があるのだろうかと。

オバさん姉妹の華麗な舞台、愉快で可愛いネズミのサーカス。いつまでも観ていたい音楽とテンポ。
摩訶不思議な世界の映像化ってほんとに作り手のセンス次第。

ちなみにこの映画、劇場では3Dメインだった。
これだけ立体的なコマ撮り映画を、わざわざ擬似立体で観るのはもったいないとしか・・・。
単価UPが主目的の3D映画。この作られたムーブメントが早く過ぎ去らないものかと、祈るばかりである。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

オビ湾さん、初めまして。
西荻在住でボードゲームファンのほーりーと申します。いつも更新を楽しみにしております。
私はゲームも映画も詳しくはないのですが、大好きなコララインを取り上げていただき思わずコメントしてしまいました。

前置きだけで長くなってしまったので簡潔に…
是非ともメイキングも見てください。あの効果までCGじゃないんです!そして映画も擬似3Dじゃないって分かります。初めて観た3D映画がコララインで良かったと思いました。その分DVDに付いてた3Dバージョンにはがっかりしました…

ついテンションが上がって拙い文を書き込んでしまいました…これからもブログ楽しみにしています。失礼しました
2010/08/15(日) 13:31:07 | URL | ほーりー #-[ 編集]
ほーりーさん はじめまして。
西荻窪にお住まいなんですね。つい1年前まで私も住んでました。いい街ですよね。吉祥寺にもすぐだし。

やっぱりCG効果はなかったですかぁ。すごいなぁ。
あ、すみません擬似立体って紛らわしかったですね。擬似立体イコールで3Dを意味していました。コララインはそもそも3D想定で作られてるんですよね。擬似3Dではなく。

でも2Dでも十分すごかったですよ。たぶん物の大きさとかにマジックがあるんだろうなと。
うちの近くのTSUT●YAだと萌えアニメ扱いなんですが、しっかり映画としてアピールしてほしい所ですね。奇抜だけど素朴で、良い映画です。
2010/08/15(日) 23:11:42 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。