スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ルネフェア

謎のパーティ・ゲーム、「ルネフェア」のレビュー。
ルネフェアとはルネッサンス・フェアの略で、ヨーロッパの中世をイメージした仮装祭りみたいなものらしい。
詳しくはここを⇒http://www.srfestival.com/
不幸を競うカードゲーム「Gloom」と同じようなクリアカードを使ったパーティ・ゲーム。ただし、プレイヤーに求めるものは並みのパーティ・ゲームを遥かに凌ぐので、もし出逢ってしまった方は構えて望んだ方が良いだろう。
また、中身は言語依存たっぷりのカードが大量に・・・。今回はたまたま相手が翻訳者だったのでプレイできたが、本格的に遊ぶのなら日本語シールが必須だろう。

IMG_4583.jpg
ドイツゲームのような化粧箱ではなく、ペラッペラのゆる箱。
中には普通のカードとクリアカードの2種類。
遊ぶにはコインが必要なのだが入っていないので、別途用意しなければならない。

各自自分のキャラクターカードを受け取ってゲーム開始。
このキャラを派手に仮装させていくのがゲームの目的である。

IMG_4585.jpg
手番では
・パフォーマンスをする
・買い物をする
・手札を交換する
のいずれか2回を行う。
基本はパフォーマンスでお金を稼ぎ、中央で売りに出されているコスチュームを買うという流れ。

パフォーマンスをする場合は、手札から選んでどのパフォーマンスをするか決めるのだが、この内容がなかなかの曲者。ガチで30秒の間ニワトリのモノマネをし続けるとか、パントマイムで何かのマネをして当ててもらうとか、けっこう大き目のアクションを要求される。
パフォーマンスに成功したらお金がもらえるというわけだ。

通常、コスチュームは3金で購入することができるのだが、1パフォーマンスの成功でもらえるのはたいてい1金なので、なかなか高い。
ゲームの勝利条件は頭・体・左手・右手・足・靴のうち規定の数の箇所を埋めること。この時は3人ゲームなので5箇所埋めたら勝利だ。

IMG_4587.jpg
ゲーム終了直前のオビ湾の様子。
残念ながらこれ以上埋めることができず、負けてしまった。
ちなみにコスチュームは他人のキャラに着せることも出来る。なぜなら、既に着せた箇所を無かったことにする妨害コスチュームみたいな奴があるからだ。1着着せるのも一苦労のこのゲームにあって、妨害は戦意喪失間違いなしである。

IMG_4588.jpg
勝者の様子。カオスな感じだけど勝利条件に組み合わせは関係ないのだ。

しかしこれ、記載されているプレイ時間1時間に偽りなし。
ゲーム終了までに相当な回数のパフォーマンスをこなす必要がある。正直、かなり疲れる。
軽そうな見た目だが、1プレイで相当疲弊できるので気をつけたし。

【所感】★★★☆☆☆☆☆☆☆
パーティ・ゲームとしてはちょっとやることが重く、しかもひたすら続くので、お酒飲んでやるほかないと思います。最後にお互いのコスチュームを見せっこするのは面白いですが、妨害なんか喰らった日にはモチベーションを保つのが難しいです。言語依存も大で、なかなか取り出し難いゲームです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。