スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

17歳の肖像★★★☆☆、花のあと★★★☆☆、スリル★★★☆☆、牛の鈴音★★★★☆

そうです!楽していきます!

17歳の肖像★★★☆☆
17s.jpg
無名監督の描くヒューマンドラマ。
青春と反抗の真っ只中にいる小娘と、腐った大人。教育の出来ない親。
良いか悪いか、なかなか言い方の難しい映画だと思う。

キャリーマリガンの可愛さと、サースガードの貫禄。
演技も舞台づくりも隙がなく、完成度が高い映画だと思う。
海外での賛否両論が激しいのも狙いのうちだろう。

良くも悪くも、とてつもなく腹立たしい映画。
17歳の肖像なんてタイトルで片付けてはいけない。
この映画のタイトルは原題のとおり「教育」でいい。

ただ、誰についていけば良いのかわからない演出の希薄さが気になる。
次回作に期待。

花のあと★★★☆☆
hanaato.jpg
藤沢周平×北川景子。
何をどうしても絵になってしまう藤沢時代劇。
わざわざ北川景子を起用する必要があったのか微妙に思ってしまうが、本人はかなり頑張ったように見受けられる。
硬派な見方をしたとしても、それほど嫌な気はしない。

原作未読なので細かいことはわからんけど、まぁいつもどおりの復讐劇。
後味が良いところからすると、後期の作品なのかな。

褒めてあげたいのは北川景子の殺陣シーン。
普通へったクソの殺陣シーンは寄って寄って繋ぎまくって意味不明にさせるのが常套手段。でもこの映画、北川景子の殺陣をひたすらひいて映す。
良い度胸じゃないですか。それに答えるべく彼女も頑張ってる。偉い!

とは言え・・・
ハズレなしの藤沢周平原作映画の中では文句なしのビリだろう。

スリル★★★☆☆
anna.jpg
「マイレージ・マイライフ」で助演女優にノミネートした新人、アナ・ケンドリックのマイナー映画。低予算。
インターネットで知り合った人物がサイコ野郎だったという、一世代前の王道スリラー。大学生の自主制作かと思うほど一本道な脚本だけど、アナケンが映るだけで観るモチベーションがあがるのは何故だろうか。
癖になる小生意気感だ。

隠れ巨乳アナケンのポテッとした存在感と、セクシーな親友が見所。

牛の鈴音★★★★☆
ushi.jpg
御歳80の老人と、同じく年老いた牛。そして老人の妻。
死にゆく牛との最後の1年を、40年の歳月を踏みしめながら歩む2時間。
もう言葉もございません。

賈樟柯一党の登場以来、大陸のシュールジャンルは中国が強いが、韓国も負けてはいない。「牛の鈴音」はっきりとしたメッセージが韓流らしい、力強いドキュメンタリーだ。


以上。おやすみなさい。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。