スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ローマの政争?

クイーンの隠れ人気ゲーム「ローマの政争」。
2人用の対戦カードゲームで、引いたカードを場に出していくというTCGっぽいシステムでありながら、カードの起動にサイコロの出目を要するというフンニャリな縛りが魅力。
そんな隠れ人気ゲーム、期待の続編「ローマの政争?」。

IMG_4862.jpg
自信の表れか、若干箱が大きくなった。
最近流通し始めたアルハンブラ・カードゲームもこの大きさだと思う。
イラストは前作と同じレベルでけっこう。

2作目の原題は「ARENA?ROMA?」ということでコロッセオネタが増えたと思いきや、それほどでもなく。
基本的なルールは「ローマの政争」と同じなので、過去記事で大まかな所は確認してほしい。

カードの枚数もほぼ変わらず、前作と混ぜても遊べると言うのを1つの売りにしている。
ただしカードの裏が・・・
「ローマの政争」⇒ローマ軍兜
「ローマの政争?」⇒魚人剣闘士兜
となっているのでどちらのカードなのかは明白。
やるなら?VS?のデッキ対決がお勧めだ。

IMG_4866.jpg
追加要素としてフレキシブルに使用できる“ワイロ”エリアが出来たけど、ゲーム感は殆ど変わらない。
写真の通り、今回もフォーラム(広場)の能力が強力であることにもかわりはない。

前作より肉弾戦を行う人物カードがおとなしめな印象。そのかわり攻撃的な建物が増えているので前作同様多様な戦略が楽しめる。手札の回転率をあげるカードまで登場し、運に左右されないための選択肢に幅ができたように感じる。

IMG_4869.jpg
前述の通り、今回もフォーラムをどうやってぶっ壊すかがキーである。
フォーラムを野放しにしておくと一気に相手勝利方向でゲームが収束し始めてしまう。
“要塞”カードも対象を選べないとはいえ、場のめぐりを劇的に良くするので放ってはおけない。
ぶっ壊し系カードは前回にもまして重要。手札に仕込んでおくことを忘れずに。

相変わらずテーマを良く捕らえたネタが素晴らしく、カード作りに工夫を感じる。
殴り合い特化とか、政治特化のバージョンも見て見たいところだ。
次は「ガリア?ROMA?」なんてどうだろう。

【所感】★★★★★★★★☆☆
せこせことカードを仕込みながら相手と差をつける機会を伺い、相手が対応できなかった隙を突いて一気にゲームを収束させるのが楽しいドラマチックな戦略ゲームです。
最初は難しいですが、数回遊ぶとカードの全体が見えてくるようになり、コンボを狙ってカード補充エリアに大きめな出目を出すようになるでしょう。
勝利条件まっしぐらな強力カードをどうやって防がれないように出すか、毎回異なる戦略が必要です。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

コメント

おっと、だいぶ前に入手してたのに忘れてました。
やらねば。でもその前にシール作らねば。
2010/10/04(月) 13:24:14 | URL | hirocean #-[ 編集]
なんでしょうね。良いゲームだってわかってるんですけど、いざと言うときに思い出せない存在感のなさがあります。
2010/10/04(月) 21:04:28 | URL | オビ湾 #-[ 編集]
おー、これ面白そうですね。
二人用っぽくない込み入った感じが。
カードもカラフルで綺麗ですね~。

この手の二人用のゲームがあと千円安く、
2千円代ぐらいで買えると結構気軽に買えて
いいな~と思うんですけどね~。
なかなか海外モノだから難しいんでしょうね。
2010/10/04(月) 22:14:51 | URL | しゅういち #JOOJeKY6[ 編集]
しゅういちさん、こんにちわ。

カード覚えが必要なんでシンプルとは言えませんが、ちょっと込み入ったドイツゲームがやりたいって時にはお勧めですよ。

ローマの政争はⅠの方は2800円くらいだったような気がします。
ヤフオクならそのくらいの金額で落とせる日がくるかもしれませんね。
2010/10/04(月) 22:54:18 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。