スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:スモールワールド拡張「呪い!」

スモールワールドの拡張第一弾はDays of Wonderが開催した“オリジナルキャラ・パワーコンテスト”の受賞作品。
自分の投稿が採用された人は喜びひとしおだろう。
この拡張には「呪い」と「女神たち」の2種類があって、それぞれ別売りである。
今回は血なまぐさい方の「呪い」を紹介したい。

IMG_4880.jpg
こんな感じのうすっぺらい拡張。
パーツが切り抜かれていない状態の板が3枚、重なって入っている。
イラストワークはさすが。どう考えたって割高だけどね。

内容は・・・
・新しい種族が2種類
・新しい特殊パワーが5種類

イメージどおりの攻撃型拡張。以下考察。

IMG_4883.jpg
≪追加種族≫
◆ゴブリン:ユニット数=6
衰退した種族への征服に有利。
場がグレーな感じのとき、数に物を言わせて1ターン目から一気に支配を広げるなど。ピンポイントで異常に価値があがる瞬間がある。
なんにせよ必要ユニット-1系が種族についてるのは強い。
優先所得候補だと思う。

◆コボルト:ユニット数=11
異常に多いユニット数が最大の特徴。ただし、支配には少なくとも2枚が必要なので見た目の数ほど広げられないところに注意したい。
硬い場所でも平気で攻め込めるのと、ディフェンス時に数がいるので硬く感じるところが強い。
クラッシャーなので相手にすると嫌なプレッシャーがある。

≪追加特殊パワー≫
◆呪われた:ユニット数=0
この拡張の顔。
なんの効果ももたらさず、かつユニットなしという恐ろしいパワー。
その代わりこれをパスするには3金おく必要があるという、なんとも愉快な色物。
最初の方に出てくるとかなり金がたまる。
間違っても10金以下で取ってはならない。

IMG_4885.jpg
こんなんいかがでしょうか。

◆強奪する:ユニット数=4
征服したときに相手から1金奪う。2人プレイで特に強力。
単純にその回に戦争した数だけ1金もらえると考えると、ユニット数がやや少ないのもうなずける。
中盤以降は選択肢に。

◆群れなす:ユニット数=5
群れなすユニットが2つ追加で使用可能。衰退後は消滅。
まんま戦力を増やすっちゅう感じだと思う。
使ったことがないのでわからぬ。

◆獣憑きの:ユニット数=4
偶数ラウンドで必要ユニット-2。瞬発的最強パワー。
使うなら前後は奇数ラウンドで衰退させる、と覚えよう。
これに関わらず、征服有利系は短命傾向ありと考えておこう。

◆襲撃する:ユニット数=5
最後の征服を行う前に、もう一度再軍備が可能。
つまり、ほぼ2ラウンド分フィールドを駆け抜ける。
登場して1ターンでほぼ仕事を終えることになるわけだ。

といった具合で“戦争せよ”と言わんばかりの力技拡張。
このゲームは“衰退に1ターンかかり、保っていられる衰退種族は1種類”というところが味噌。そのおかげで短命タイプの損得勘定が複雑というか、状況次第になってくる。短命と考えるか圧縮と考えるか。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
攻撃的な種族やパワーが追加される戦争特化キットです。
本体だけでも毎回違う展開が楽しめますが、種族が増えることでますます多様性が増しました。
コストパフォーマンスがどうかと言われると、う?ん。やりこんでいる人向けですね。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。