スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ハングオーバー★★★★☆、パレード★★★☆☆、グリーンゾーン★★☆☆☆

弟の結婚式で静岡に来ています。
ということで気もそぞろです。

◆ハングオーバー★★★★☆
hang.jpg
今年のゴールデングローブ。
B級専用イケメン、ブラッドレイ・クーパーがついにメジャー受賞作品に。

2日後に結婚式を控えたダグと2人の親友、さらに変人の義弟。4人で出かけるラスベガスへの独身旅行!
ここで起きたことはすべて忘れて帰ること!そう誓い合った後のことはまったく記憶がなく、気付いたのは荒れ果てたホテル。しかもダグがいない!
ということで残った3人のダグ探しが始まる。

二日酔いの朝にぞくぞくと発覚する信じられないような痕跡が、ストーリーを追っていくにつれ徐々に回収されていく様が見事。
これほど丁寧に脚本された映画はコメディでは異例だろう。

最後に残った疑問も、主人公たちと一緒に写真で振り返るという巧みな計らい。
なんて気持ちの良い、プライベート感あふれるコメディなんでしょうか。

◆パレード★★★☆☆
pare.jpg
あなたのルームメイト、どんな人か知ってますか?

「悪人」の吉田修一原作映画。原作未読。
豪華若手俳優を起用した日常サスペンスで、ルームシェアをしている4人の20代の群像劇。

毎日顔を合わせて仲良く談笑。
困った時はアドバイスも貰っちゃったり。
若者の憧れ、男女混同のルームシェアがとにかく楽しそうな前半。

でもお互いの本当の顔、誰か知ってんの?
この狭い世界に飛び込んできた謎の成年サトルが、4人の意識にちょっとしたリセットをかける。

連続通り魔の犯人は?隣は売春斡旋業?芸能人と恋人関係は成り立つの?
まさに日常レベルの小ネタをひとつひとつ解決していくと、ついには冒頭から物語に怪しい気配を漂わせている「通り魔犯人」のくだりへ突入する。

ルームシェアが崩壊する話かと思いきや、なぜか「世にも奇妙な物語」風に帰結するラストもエンターテイメント重視で良い。
この密接したペラペラの人間関係が一番恐いっちゃよ。っていう話かと。

なんでもない日常シーンの作り方がうまい映画。
全編通して貫地谷しほりの怠惰な雰囲気が際立っている。


◆グリーンゾーン(グリーンボーンの誤字と思われる)★★☆☆☆
greenzone.jpg
まじでボーンシリーズのノリでイラク戦争を作りやがった!
バカ丸出しのアメリカ映画。

イラク戦争に詳しくなくても「そんなまっすぐな話なわけねーだろ」と思う。
プラモデルじゃねーんだから。

エンターテイメントだからOKってんじゃなくて、まだ熱の収まりきらないこのネタをアクション重視の娯楽大作に仕上げようっていう陳腐な発想にイラっとくる。

おまけに主人公は正義感丸出しのスクールガイみたいな男である。
この男に戦場の貫禄は皆無だ。コスプレ大会かっちゅうの。
こいつを主人公にイラクの市街戦を撮るってんだから緊張感など在るはずもない。
絵は綺麗だけど誇りっぽさがなく戦場の空気を感じない。
スパイアクションかPS3のゲームみたいだ。いや、モダンウォーフェアの方がよっぽどリアルだろう。

とはいえ、ボーンシリーズがみたいのならこの映画はありである。
それはジャケットを見てもわかる。イラク戦争だと思って観た俺がバカだった。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。