紹介:ゲームリンク Vol.5

ついに買ったゲームリンク。
既に5冊目の「Game Link Vol.5」。
これまで買わなかったのに今回買った理由は、同じ境遇の人はほとんどそうだろうけど“少し安くなった”“表紙が買いやすくなった”“フリーデマン特集”“付録がフォッペン”という所だ。

フォッペンの紹介は遊んでからとして、今回はゲームリンクVol.5の概要を紹介したい。

IMG_4897.jpg
小さくなったらしい。Vol.4までを見たことがないからわからないんだけど。
フリーデマン特集なので表紙は電力会社(日本語版)。
なんにせよ漫画・アニメ調が当たり前になってしまっているボードゲーム書籍にしては随分と購入・保存がしやすい親切仕様である・・・・
と思わせておいて!

IMG_4898.jpg
ゴゴゴゴゴゴゴゴォ・・・・
1ページめくればたんとくおーれ様の新作がお出ましである。
ザッツ!アークライト!
乳首透けてますよ。

冊子の前から10ページ程がカラー、他はモノクロ。
フリーゼ新作のあたりからモノクロになってしまうのが悲しい。

IMG_4899.jpg
フリーゼ特集はこれまでの彼の作品紹介と、そのアナーキーな魅力についてわかりやすい記事でまとまっている。
後半はエッセン以降の新作である、
・マフィアもの対戦カードゲーム「ファミグリア(完全日本語版)」
・ビール成金を目指す「ビール公爵」
が紹介されており、さらに「ファクトリーマネージャー(完全日本語版)」の紹介にも1ページが丸々さかれている。

初期の作品については発行部数まで記載されているほか、世界に1つしかないレアなゲームネタなどもあり、ボードゲームフリークも満足できる情報量だと思う。

その後はサンダーストーンやレースフォーザギャラクシーのリプレイ解説が続く。
それぞれ使用されている用語は優しくないのでゲーマー向けの記事ではあるが、基礎知識さえあればどんなゲームか、コツは何か、わかりやすい内容になっている。

そして、忘れかけていたアレが・・・・
IMG_4900.jpg
ポトリ・・・。
冊子の隙間からすべり落ちてきた封筒。
まるで田舎の母から送られてきた仕送りのような、妙なプライベート感をかもしだしている。

この中には付録?「電力会社追加発電所2枚」と付録?「ばるばろっさ追加カード1枚とブランクカード3枚」が入っている。
メインのフォッペンはこれとは別に切り離す前の状態で入っている。(切れ目入りなので簡単に切り離し可能。)

IMG_4901.jpg
付録一式。
3つも付録が付いてくるのでどれか1つくらいは興味があろうというもの。
もちろんアークライト社製品が中心になるけど、その分しっかりした製品向けアイテムなので個人的には大変うれしい。

他のボードゲーム書籍に比べると、いたって普通の情報誌らしいつくり。
全編通して見やすい内容だなというのが第一印象だ。
個人的にアークライト社の和訳/説明書は非常に読みやすく、シールがあるときはデザインも良くできているので重宝していたけど、さすがにこの辺は経験があるんだなぁと。

ニッチ故に新作の情報はWebが当たり前のボードゲーム。
冊子で情報を仕入れるという行為が新鮮に感じた。
次回も“たんとくおーれが表紙!”とかじゃなければ購入すると思う。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
タイムリーで読み応えのあるゲームフリーク誌です。
誌面は綺麗で読みやすく、付録も3種類あるので(このペースでいくのであれば)安定した購入動機になると思います。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

コメント

ゴゴゴゴゴゴゴゴォ…。
薬指のリングが光ってる!

買いやすい表紙、ってすごくわかりますw
大事ですよねー。
電力会社はちょうどこの前買ったし、
今まで同様な理由でボドゲ本って買ったことがなかったので、
ちょっと見てみようかなぁ。
2010/10/15(金) 09:23:53 | URL | しゅういち #JOOJeKY6[ 編集]
妻子にしても彼女にしても、やっぱりいい顔しないことが多いと思いますからね。普通の雑誌っぽくしてもらえると助かりますよ。

中はアークライト関連記事が幅を利かせてますけど、個人的にはそういうベクトルがわかってる方が読みやすいですね。そういう意味でもフリーク向けかも。
2010/10/15(金) 12:42:31 | URL | オビ湾 #-[ 編集]
ごめっ、ちょっとスルーできなかった・・・

妻子…妻は分かるけど、子って…そんな大きい子、どっかにいたっけ?
2010/10/20(水) 06:14:44 | URL | 紺碧 #8IgtKjlw[ 編集]
ぼくぼく。
2010/10/20(水) 09:13:22 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する